消化器内科とは


CT消化器内科では消化器官に関するさまざまな症状に対応してくれます。たとえば胸焼けがしたり、胃もたれがしたり、腹痛や下痢、便秘などの症状が出たときには消化器科の医師に相談をすると良いでしょう。そうすればしっかりと検査をして治療を進めてくれます。

消化器内科の検査としては内視鏡検査や超音波検査、さらにはMRIやCTなどがあります。もっと詳細な検査が必要な場合には専門機関を紹介してくれるでしょう。消化器内科で対応できる臓器としては、肝臓や胃腸、膵臓などがあります。これらに関して悩みや不安があるならば、気軽に消化器内科に相談をすると良いでしょう。

内視鏡検査をする際には経口や経鼻という方法があります。できるだけ負担がかからないように工夫してくれるでしょう。最新の機器を用意しているクリニックであれば、精度の高い検査を受けることができます。場合によっては鎮静剤を注射してもらって、寝ている間に検査を済ませてもらうことも可能です。

消化器疾患というのはつらい症状がずっと続いてしまうものです。そのため、放置しておくべきではないでしょう。早めに対処しておかなければいけません。消化器官の悩みについては、すぐに消化器科の診断を受けるべきです。ちなみに、神奈川県の消化器内科では、健康サポートも行う内科があります。こちらも参考にしてみてください。

 

ピロリ菌治療

消化器科で対応してくれる疾患の1つとしてピロリ菌感染症があります。ピロリ菌というのは胃の中に存在している細菌のことです。こちらは胃潰瘍や十二指腸潰瘍に関わっているとされています。幼少期に感染することがほとんどです。近年は若年者で感染するケースは減っているのですが、幼少時に感染して高齢となっても感染したままの方がいます。この場合はピロリ菌を退治した方が良いでしょう。そうすることによって、病気を予防することができるのです。

ピロリ菌胃内視鏡の検査をして、胃がんがないことが確認されて、慢性胃炎や胃十二指腸潰瘍痕が確認されたならば、ピロリ菌がある可能性が高いため、除菌両方を受けた方が良いでしょう。除菌は1度のみでほとんどの方が成功します。ただし、それでも不成功となってしまう場合もあり、その場合は2度目の除菌をすることになります。これによってほぼ100%の方が除菌に成功するのです。

ピロリ菌というのは胃酸の中でも生きることができる細菌です。酵素を持っており、アンモニアを生成することができます。これによって胃酸を中和することができるのです。そのため、胃の中でも生きています。しっかりとピロリ菌の除菌をすることによって、いつまでも健康でいられるようになります。